タロットの質問の仕方

stargarden/ 2月 24, 2020/ 未分類/ 0 comments

先日知り合いのA君からこんな質問が飛んできました。
「今度の商談がうまくいくか。というお題でカードをひいたら、カップの4がリバースででました。どう読みますか?」というものです。

えっとー、その前にちょっといいですか。
「うまくいくか、いかないか」という「Yes or NO」の質問ってタロットのうまい使い方ではないかなあと個人的には思ってるんだけど。
なぜかというと、端的に。

NOという答えだったらどうするんじゃい !!

と思うからです。
皆さんもタロットひくときには気を付けてくださいね。

いや、もちろん、やっちゃだめってわけじゃないんですけど。
このクローズドな質問は、結構伝え方に高度な技術がいるので、習いたての人がやるとかなりの高確率で自分の首をしめます
(結婚できますか?ってクライアントさんに聞かれて、NO!ってカードがでたらどうフォローするんですかって話ね。フォローまでばっちり自信がある人はこういうクローズドな質問もアリだと思います)

とはいえ、せっかく出たカードですから絶対意味があるはずです。
ちなみに「カップの4」とはこのカードのことです。これがリバースで出ていると。ふむふむ…。

カップの4

私はまずA君に「君、この商談やる気ある?」って言いました。
カップのカードというのは「思い・感情」を表します。
そして「4」という数字は「安定・所属」などを意味しますが、水(カップ)のエレメントだと今までのもの(所属)を捨てて成長するために次に移っていく意味合いが強くなるんですよね。
でね。
カップの4は一言でいうと「マンネリ感」なんですよ。
正位置だとその違和感を感じて自分の気持ちの整理ができるんですが、逆にでているので、どっちかっていうと不満要素のほうが強い。

うまくいくか行かないか、といったらこのままだと多分うまくいかない。
なぜなら「君が商談に乗り気でないから」と伝えました。

A君ですか?

_:(´ཀ`」∠):_

…ってなってましたよ(笑)
月の話を以前こちらに書いたことがありますが、やっぱり「思い」がない仕事ってどんな仕事もうまくいかないと思うんですよね。

タロットはこんな形で気持ちをずばり表してくるのであなどれないし、おもしろいのです。


Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*